腰痛の70代男性

何年か前に奥さんが来て見えて、調子が良くなったのを覚えて頂いていて見えた旦那さん。

昨日、ちょっと重たいものを持って腰を痛めたらしい。

入口から、入ってくる姿勢を見ていると、左腰をかばって見えます。

座っている姿勢から立ち上がるのが痛いとのこと。 

ちょっと、腰の操作をして姿勢がかわり、痛みは少しへったけどまだ痛いとのこと。 

このパターンは痛みがゼロにならないとだめパターンか?(汗)

痛みがゼロになることもありますが、わざとやらないのではなくそこを求めるとお互いきつくなるのでやりません。

上向きで寝ている姿勢で腰が痛いと言うので、膝を立ててもらう腰の痛みがないとのこと。

お腹前側の筋肉とか、前のふとももがあやしいので調整して膝を伸ばしてもらい再度痛み確認 

少し減少

腰痛になったことはないとお聞きしていたが、左の腰に良く湿布を貼っていると会話の中から出てきましたので、普段から気にはなってるんでしょうね。

一通り施術を終えて、座って立ってもらうとずいぶん楽になられたようでした。

帰り際、靴を履くときに思いっきりしゃがんでみえたので、その姿勢は出来るんですね?! と聞くと

あ! そういえば来る時は、できなかった! よくなってますね! っという感じで実感されたみたいです。

ほんとに、こっちが見た目で良くなった判断をすると、意外と本人さんは良くなっている意識が薄いことがありますね。

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ

このページの先頭へ