毎月二回ほど傾聴の訓練をしています。

最近、人の話を真剣に聞いたことはありますでしょうか?

私はカウンセリングの興味があり、カウンセリングの勉強を二年前からしています。

真剣に話を聞いてもらえるだけで何か人間関係の問題で悩んでいる方は安心したり、精神的に楽になったり、自分で悩んでいる問題点に気が付いたりすることができます。

私は月に二回、名古屋と滋賀の方で一年半以上一日アドラー心理学に関係する傾聴の訓練をしています。

その人に興味、関心を持ちその人が何を話したいのか? 邪魔をしないようにただ聞くこと、その人の本当に訴えたいことはなんなのか?引き出すために あいづち、助長、伝え返しという技術を使いながら意識して聞くこと

ノンバーバルといって、話している内容ではなくその方の表情や動作、しぐさは無意識の動きでやっていることはウソはつけないという点も意識します。

人は、人間関係の深い話をするときに信頼関係ができていないと本当の話をしてくれません。

目の前の私が、ちゃんと話してくれている内容を理解しながらその方に寄り添った関係性を作りながら、感情が動いているところを見逃さないように真剣に話を聞く

訓練はカウンセラーとクライアントとそれを見る人(オブザーバー)に分かれて15分です。

そのたびに、わからないことや上手く行かなかったことを指導者にきづきをもらい、それを踏まえたうえでまた訓練、指導の繰り返しでだんだん傾聴ができるようになってくる。

傾聴ができるようになると、大概身近で起きている、夫婦関係、友達関係、仕事での人間関係などの問題は改善できると思います。

それぐらい、人の話を真剣に聞くことは難しいのですがやりがいがあります!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ

このページの先頭へ