ヘルニアで手術?をすすめられた?

腰が痛くて、整形外科に二件いって最初の医者にヘルニアといわれて、セカンドオピニオンで違う病院に行ったら、その医者はヘルニアではないといわれた女性

よくヘルニアの検査で使う上向きで、足を上げてもらうテストでは大丈夫そうなのに、レントゲンをみたお医者さん、ヘルニアですね~(ちなみにMRIでヘルニア診断はできますが、レントゲンでは写りません)

正直、かなり疑わしい判断だと思いますが、病院でやられたことは痛み止めの注射とコルセット、シップで終了。

お医者さんが、腰が痛くて前かがみの女性を、もっとまっすぐたたないとだめですよ! って力ずくで腰をまっすぐに持ちあげようとされて 痛くて、思わず叫んでしまい、その後はさわられるのが恐かった。

痛くて回避姿勢をしている人を無理やり操作しようとするって? なんなんでしょうね~(。-_-。)

まだヘルニアかどうかもわからないのに、手術の話をされて、不安だけ植え付けられて帰宅したので、その後どんどん不安とあせりで痛みが悪化

ちなみにヘルニアという診断でヘルニアにより腰痛が出る人は100人中15人とかそのくらいです。

ひどいヘルニアはあるけど、痛くなく普通に生活している人がごまんといる事実

ヘルニア=腰痛ではありません。

この状態から、身体の調整に入ります。

痛いことをされて、また痛いことをされるんじゃないかって怯えているので、チョット押したり触れる程度の刺激でどんどん変化して、笑顔になっていきます。

腰と仙骨の調整、あばら骨と骨盤の間の調整 、ひざの裏の調整、おなかの調整など痛いといっている腰は触っていません。

はい、では 今いたい動きがあるかやってください。。。 いろんな動きをやってもらう、でも痛くない。

さっきの痛みを10として、今の痛みはどのくらいですか? 1とのこと

三十分後、迎えに来ただんなさんに、もう治った!っという奥さんをみてあまりの変わりように???

もうコルセットもしなくて、いいですからね~ で終了

お医者さんも治せなくてもいいけど、不安だけ与えまくって、そのまま返すのはだめですよね

患者さんにとって、お医者さんの発言は重たいので、本当に病気になってしまいます。

ヘルニア~  ヘルニア~ ヘルニア~って悪魔の呪文じゃないんだから・・・

毎回、こんなんだといいんですけどね。。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ

このページの先頭へ