治ってほしいと思ってやると結構失敗する。。。

股関節痛でみえているお客さんが、いつもに増して歩き方が変でした。

1週間前に、自宅の階段を上るときに踏み外したかなんかで足首をねんざし足が痛くてつけない。

治りますか?って聞かれましたが、昔なら捻挫でしょ?ケガでしょ? 無理でしょ?っと

思って施術をしたりしてました。

案の定、良くなりませんでした。

今日の足の状態を見てみると、外くるぶし周りが腫れてぶよぶよして熱感があります。

足をついたり,背屈(足を上に反らせる動きをすると痛いらしい。

外くるぶしは、一本の骨の先端なのですが、何かそこに動きの悪さを見つけた。

ただ、その骨を待って、しばらく待っているとなんとな~く、骨がうにゅうにゅ動き出す。

そして、止まったら終わり。

で、足をついたり、足首をそらしても痛くない。

足の周りの腫れもひき、骨の硬さがわかるようになりました。

私が治したのではなく、私はただ骨を触っていただけです。

何したんですか?はぁ~? 痛くない? へ~? としきりに触られていましたが、お客さんが治る力を持っていただけなんでしょうね~・・・

最近は、どんな症状でもよくしてやるぞ~ではなく、よくなったらいいな~ と思ってやると上手くいったりします。

喜んで帰っていただけました。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ

このページの先頭へ