痛くないところに原因がある!

お客さんに、痛いところは結果で本当に悪いところは痛くない場合が多いという話を良くします。

いつも勉強会でお世話になっている先生に腰痛をみてもらう機会がありました。

今回の私の場合、上向きに寝ると少し腰のあたりにハリを感じる。

左に身体をひねると、左腰に痛みを感じるような症状

背骨の触診をしてもらうと、押して痛い圧痛点があっちこっちにありました。

特に腰の骨を押すと、ズキッっとするような痛みがあります。

背骨の上の方の肩甲骨の辺りを押すと、痛くはないのですが骨の可動性が悪い所がありました。

一番可動性の悪いその背骨の部分を施術してもらって、再度 腰の部分を押すとほぼ痛みがありません。

上向きになり、お腹の腸のバランスをとってもらうとほぼ言い感じになりました。

腰が痛いのに腰に触っていません。

腰痛も原因は様々ですが、こんなパターンの腰痛は腰に湿布を貼ったり、アン●ルツを塗ってもだめなパターンですね!

背骨の動きが悪いところがあって、その動きの悪いところの代わりに腰の骨が動き過ぎて痛いパターンでしたから、原因は痛くない動きの悪い場所でした。。

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
サブコンテンツ

このページの先頭へ